澄川信也 ガンを克服した食事法

澄川信也 ガンを克服した食事法の口コミとは?

 

 


現在日本人の死因ナンバー1はガンです。

 

理由は、食生活の欧米化や生活習慣が考えられます。

 

そして、一度ガンになってしまえば、

 

抗がん剤のつらい治療を受けなければならないのが現状です。

 

しかし、澄川信也氏がその常識を覆しました。

 

正しい食事療法を行えば、癌を克服することが可能です。

 

食事でガンを克服できるなんて信じられますか?

 

食事を変える事で、ガンを克服したというのですから。

 

≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法

 

ただ私は、この方法で100%ガンを克服できるとは思っていません。

 

しかし、この食事法で人間に必要不可欠な免疫は上がります。

 

免疫が上がることで、ガンを克服する可能性が上がるということは十分考えられることです。

 

大切な家族のために・・・。一度ご覧ください。

 

 

 

栄養を過剰に摂取した時のリスクについて

食事をしなければ人は生存できませんが、栄養を摂取しすぎても、健康を阻害することがあります。不要な量まで栄養摂取を続けていると、脂肪がつきすぎて太りすぎになります。肥満は健康を阻害することが多いですから、栄養を摂取しすぎないように、食事の量には気を配ってください。栄養を摂取しすぎて、肥満体型になってしまうと、体のあちこちに血を送り届けるのが大変になって、心臓に負荷がかかってしまうのです。

 

体重が増えると、体を支えるための膝や腰へのダメージが甚大なものになってしまいます。肥満の症状が進むと体への負荷が大きくなり、関節が痛んで体を支え切れなくなってしまうといいます。生活習慣病も、食べ過ぎや、運動不足になる体重増加が関わっています。栄養摂取をしすぎると、命にも関わるのです。血圧が高くなったり、血糖値や血中脂質が高くなる症状を、生活習慣病といいます。

 

脳梗塞、心筋梗塞といった重篤な疾患は、高血圧や高血糖状態の人ほど起きやすいと言われていますので、生活習慣病予防はとても大事です。栄養摂取を行う時には、摂取量が多くなりすぎないように注意をして、偏りがないメニューにしましょう。食生活が不規則だったり、接待や友人との外食で家での自炊がなかなかできなかったりと、栄養が偏りやすい食事をとっているという人もいるといいます。

 

家での食事と異なり、レストラン等で食べると果物や野菜の量が減りがちですし、栄養摂取という面では不安になります。アルコール類は、案外と高カロリーの飲み物です。つい飲み過ぎてしまうと、それだけでカロリー過多な食事になってしまうことがあります。食事からどのような栄養を摂取するかは、肉体をつくる重要な要素ですので、和食を多くしたり、魚貝類を増やすなどの工夫が必要です。

 

バランスの取れた栄養摂取の方法

 

食事からどんな栄養を摂取するかは健康維持のためにも大事ですので、メニューはよく考えて決めましょう。健康状態をキープするために、体が求めている栄養を、必要な量だけ摂取する食生活がポイントです。

 

どのような食事が、栄養のバランスがとれているとい考えられるでしょう。その人にとってどのくらいの栄養が適正量なのかは、一日の消費カロリーや、性別、年齢によって違います。仮に、平均的な人を例に挙げた場合、どのような考え方をするといいでしょう。3大栄養素を摂取することが、食事をする時には基本になると言われています。

 

3大栄養素とは、たんぱく質、脂質、炭水化物と呼ばれる三つの成分です。体のためには、できるだけ脂質を減らすものと考えている方もいますが、健康を維持するためには脂質は一定量必要であり、多すぎないようにチェックすることが肝心です。この頃は、炭水化物を全て排除するというローカーボンダイエットが注目されています。

 

けれども、体か必要とする栄養を保つには、炭水化物は必要です。食べ過ぎには注意をして炭水化物を摂取することが、食事では大事になります。エネルギー源となる炭水化物は、体を機能させるにはなくてはならない栄養を補っています。過度に炭水化物を摂取していると体脂肪となって蓄積されていますが、かといって、一切炭水化物を摂らない生活をしていると、代謝が下がって、ダイエットがしづらい体になります。

 

たんぱく質、脂質、炭水化物の3種類の栄養素を、釣合いをとりながら摂取することが、ポイントになります。偏りがない食事のメニューを考える時には炭水化物:脂質:炭水化物を5:3:2にしましょう。厳密にカロリー量を計算しなければいけないという状況てはない限り、食事からの栄養の摂取量は、おおまかなところがいいでしょう。